2008年03月13日

告知【札幌にて】

札幌で、魔王関係のイベントがある。
一時帰国しなくては!

地元の方、興味あったらお越し下さい。
(いくえみさんの紹介で、何人か有名漫画家さんも来てくれるもよう)

以下、プレスリリースより。


=========================================
創造都市セミナー 「マンガが創る都市ブランドと産業」
-------------------------------------------------------
目指せ、マンガ産業都市・さっぽろ!!
=========================================

マンガという地域資源を産業と都市創造にむすびつけるにはどの
ようにすればよいのか? マンガ産業都市・さっぽろを目指す
セミナーを開催します。

■日時  3月19日(水) 18時〜20時(終了後交流会)
■場所  札幌市中央区大通東3丁目-1
    内田洋行北海道支社1階 ユビキタス協創広場
   「U-cala(ユーカラ)」
■人数  50名 (参加無料)
■対象  クリエイター/学生/行政・企業関係者/メディア関係者
■主催  札幌マンガ研究会
■共催 財団法人さっぽろ産業振興財団(Intercross Creative Center)
■後援 札幌市

参加ご希望の方は、事務局 manga319@ilk.co.jp まで、氏名・職業
・所属をご記入の上、お申し込みください。定員になり次第締め切ら
せていただきます。

■内容
◎講演  マンガ産業の地方での産業化可能性
     法政大学大学院客員教授  増淵敏之

全国各地で行われている地域資源を活用したコンテンツ産業振興。
しかしその多くは一過性のものにすぎない。地域でのコンテンツ産業
振興は、地域資源の精査という時間のかかる作業からの着手が必要で
ある。札幌は数多くのマンガ作家が輩出、定住している都市である
ということを踏まえて、各都市でのマンガコンテンツに関する事例を
紹介していく。

・講演者プロフィール(2008年3月時点)
 増淵敏之(ますぶちとしゆき)
1957年、札幌市生まれ、札幌旭丘高校から明治大学文学部に進む。
東京大学総合文化研究科博士課程修了、学術博士。現在、法政大学
大学院専門職大学院客員教授、専門は経済地理学、文化地理学。主
な著作に「文化産業クラスター小論/宇都宮市をモデルにして」那
須大学・都市経済研究年報(2003)、「インディーズ音楽産業の
創造現場」文化経済 第4巻第3号(2005)、「宇都宮市における
音楽の産業化の可能性」宇都宮まちづくり論集(2005)、「地方
都市における音楽の産業化過程―福岡市の場合―」ポピュラー 
音楽研究Vol.9(2005)、「コンテンツ産業としての放送メディア
地域戦略−創造都市論を背景に−」日本都市学会年報Vol.40など
がある。

◎パネルディスカッション
 ・増淵敏之 法政大学大学院専門職大学院客員教授 
 ・藤井克仁 New Standard Inc. 代表
 ・桃田百合若 漫画家
 ・林 優希 コミック・ラグ編集長   
 ・高木敏光 株式会社タカギズム代表取締役       
 ・久保俊哉 ICCチーフコーディネーター
posted by TAKAGISM at 12:12| Comment(3) | 仕事
この記事へのコメント
別口の、「魔王」アップされていて嬉し〜い!
待ってました。

もちろんCRIMSON・・も発売待ちです。
楽しみです。
Posted by hana at 2008年03月13日 14:16
またまたお忙しいところ、すみません。
今、うちのPCはメール送信だけできないという原因不明の難病中で、でも前回ご活躍を目の当たりにできてうれしさのあまり、ついコメント欄を借りてしまったのでした。
が、有頂天のあまり肝心なことを書き込むのを忘れてしまいましたので、再びお邪魔しますね。

すごい作品がまたひとつ世の中に出るのですね、おめでとうございます。
4月の発売を待ち侘びています!

ぐっちゃんの努力の成果が実ったことも聞きました。
これまた本当におめでとうございます。
将来が楽しみ!

いいことばかりの春ですね。

お邪魔ツイデに、また余談も書いちゃおう…。
わたしには『男の子』が成長していく過程についてのモデルがほとんどないので、尚人を育てていくにあたり、敏ちゃんのことを思い出すことが多くなっています。
(ちょっと似ているような気もするの…(^_^))
どれも皆小泉団地での出来事ですが、いろんな場面を思い出して、ひとり勝手に懐かしくなっているんですよ。
ところが、そのときのおばちゃんのことが、どうにもあやふやな像としか浮かびません。
敏ちゃんに何と言ったかとか、どんな顔をして見ていたかとか…。
それが今のわたしに重要なのにね。
わたしの思い出の中のおばちゃんは、いつもニコニコと笑っているだけです。
それで余計に思い出の中に浸って行くのかも知れませんね。

あ、本当の余談でした。
いらぬ時間を費やさせてしまいましたね。

もうPCを直します。
お邪魔も今回限りにしますので、勘弁してください。

では、お元気で。
Posted by 鈴木育子 at 2008年03月13日 22:50
いっちゃんへ

コメントありがとう!
メールアドレス、教えてね!

尚人ちゃん、写真見たよ!
俺なんかとは似てもにつかないよ。
かわいいね!!
Posted by GISM at 2008年03月14日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。